« 今月撮るドラマ(9月) | トップページ | 台風接近 »

2005/09/03

こども囲碁フェスタ2005

 今日は、こども囲碁フェスタに行ってきました。

将棋&囲碁好きなだんなの影響で少しだけルールを知っていると思われる小猿。
学校からパンフレットを持って帰ったのがきっかけで、無料ってこともあり、参加してみようかと申し込みました。

 

会場は県立体育館。
行ってみるといるわいるわ子供たち。

内容は入門教室・棋力認定戦(A~Dクラス)・碁聖戦(3人一組の団体戦)

棋力認定戦に参加する園児~中高生約600人(聞き違えてなければ)!
パンフレットにもその参加者の名前がずら~りと印刷されていてます。もちろん小猿の名前も。

会場も県立体育館の大アリーナ・小アリーナ2ヶ所使ってますし、入門教室の子供数もいれると全部で1000人を超す規模の催し。ボランティアなのかスタッフの数もかなりいます。
JAが協賛のようですが、かなりお金かかってるんじゃ・・・

正直こんな大きな規模とは思ってなかったので、びっくり(汗)

z4c2 私としては入門教室に参加させようと思っていたのですが、だんなは棋力認定のBクラス(9路盤)に申し込んじゃってまして、夏休み中にもうちょっと教えようとしていたつもりが、だんな仕事で忙しくて全然教える時間がなく、数日前に付け焼刃で教えた程度。

案の定、そばで見ていただんな曰く最初はまだ碁らしく打てたようですが、2戦目からは全然お話にならない状態に陥ったらしく、Aクラスへ移動。
どのクラスも5勝で2級昇級、4勝1敗で1級昇級。

Bクラスはどうだったのかわかりませんが、Aクラスの石取りゲームは、1局同じ相手と勝負して2勝すれば勝ち。それを5局するようでした。

さすがに石取りゲームはよく理解しているようで、小猿がんばりました。なんと5連勝(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

なるべく同じ年回り同士を対局させているようにみえましたが、園児~中学生までいるわけですから、対局が終わってから組み合わせていくとなかなかそうもいかないようで、ちょっと上らしき子とも対局してました。
「ちっちゃいけど強いよ~」って、スタッフの方が小3か4の女の子に組み合わせてたんですが、チビなので小猿もしや園児だと思われてたんじゃないかと(汗)
最後に対局した男の子は小猿に負けてかなり悔しそうな顔してたしなぁ~

小猿もBクラスにいたときはブルーな顔してたんですが、Aクラスにいってからは生き生きしてましたし、かなり上機嫌。
何回かさらに挑戦しても良いようだったんですが、さすがにそこまでの気力はないだろうと終了。これだけの人数いると組み合わせの運不運もあるんでしょう。

シャイな小猿なんですが、他の子達とも「勝った?」とかやり取りしてて、こっちは「え?知ってる子?」って思ってしまうぐらいなじんでました。

もし来年もこの催しがあって、小猿も参加する気があればまた挑戦させようかしら?

とりあえず今は石取りゲームが出来る程度ってことで、これから先は本人のやる気とだんなの教える力かな?

|

« 今月撮るドラマ(9月) | トップページ | 台風接近 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87134/5770924

この記事へのトラックバック一覧です: こども囲碁フェスタ2005:

» 囲碁よろしくネットワークだよ〜実践的初段突破法①/3【戦略を持つ】 [3210 あほうむ びぎゃn]
 二十歳(はたち)を過ぎて碁を始めた人、あるいは復活した人のために5分間で初段になれる方法を伝授してみたい。いや、5分間で初段になれる、のではなく(あたり前田のクラッカー)、5分間で伝授するだけだから、誤解しないでね。  うおっほん、記憶力は12〜15歳で衰える、という。数学などの天才は20歳までにその偉業を達成して後はただの凡人になりさがってしまうという。そんな、遅れてきた囲碁凡人のために<予>が編み�... [続きを読む]

受信: 2005/09/26 16:00

« 今月撮るドラマ(9月) | トップページ | 台風接近 »